芸  名

 

得意ネタ

 

プロフィール 

 

 

歩鱈 小酔 (1976.11.25 生)

ほたら こよう

道具屋、田楽喰い、くっしゃみ講釈、時うどん、動物園

 

平成9年7月頃(?)、噺の会じゅげむに入会し、文々亭小輔を名

乗る。初舞台は、平成9年9月7日、第47回駅前寄席で「道具屋」。

平成29年6月18日、第172回駅前寄席で、文々亭小輔 改メ

歩鱈小酔を名乗る。落語以外の趣味は、旅行・温泉・登山・鉄道・

自転車など。普段の喋り方はおとなしいですが、高座に上がると

人が変わったような喋り方になります。


   ◎ 小酔さんが小輔さん時代の旅行記「小輔は、どこへ行く?!」はこちら。

御当人から一言

芸名の由来について

 

 

 

 

 故桂枝雀師が落語の導入部分で、よく「ほたら何かいな〜」

という言葉で始められていたが、その「ほたら」を屋号に持って

きました。また、前の芸名「小輔」から、「小」の文字を持って

きて、「歩鱈小酔」という芸名にしました。私どもの落語を聴い

てもらったお客さんが、「ほたら次も来ようか〜」と、気軽に足

を運んでいただけたらという願いも込めています。


落語の世界にのめり込んだきっかけのネタは?

 きっかけのネタというのは特にないのですが、社会人に成り立

ての頃、落語家という職業や噺家さんに興味を持ち始めました

(ちょっと憧れもありましたが???)。それと、大阪出身、大阪

育ち、大阪で働いているということで、流暢に大阪弁が喋れたら

ええなぁと思いで、上方落語を演りたくなりました。

 たまたま、とある雑誌で「噺の会じゅげむ・新メンバー募集」

の記事に目が止まり入会しました。それから、落語にのめり込ん

だ感じです。